2019年3月25日月曜日

思い出の遠足


YMCAつるみ保育園・お別れ遠足のご報告

きりんぐみ(4歳児クラス)・ぞうぐみ(5歳児クラス)で、金沢自然公園に行ってきました。みんなとても楽しみにしていて、当日のバスは嬉しさいっぱい。車窓から「富士山が見える!!」と、とてもにぎやかに、お友だちと楽しい会話が広がっていました。





金沢自然公園の広場は、階段をたくさん下ったところが滑り台の終点。坂の途中には、菜の花が今を盛りと咲いて、春の訪れを知らせてくれているようでした。





アスレチックやローラー滑り台と、つらい坂道もなんのその…何度も何度も滑って楽しみました。「もう一回やろう!」「楽しい~!」「一緒に滑ろう!」と、誘い合って遊ぶ子どもたちの、楽しそうな笑い声が響き渡っていました。公園に来ていたお友だちとも仲良くなり「どこの保育園?」「先に滑っていいよ」と、一緒に遊ぶ姿も見られました。






お弁当の時間も惜しい様子で、食べ終わった子からすぐにまた遊び始め、たっぷり遊び、満足して帰って来ました。バスの中では、ほとんどの子が疲れて眠っていました。





長い時間一緒に生活してきたお友だちと、とても楽しく過ごす事が出来ました。
保護者の皆さま、お弁当のご協力ありがとうございました。



https://hoiku.yokohamaymca.org/tsurumi/


(YMCAつるみ保育園 佐藤 和代)

2019年3月20日水曜日

たのしい思い出☆

YMCAつるみ保育園・お楽しみお別れ会のご報告

今日は、お楽しみお別れ会でした。卒園するぞうぐみ(年長児)と共に、みんなで、楽しいひとときを過ごしました!


乳児クラスのお友だちも参加して、お話を聞いたり、クイズをしました☆

   
 テーブルとテーブルの開いている隙間から、何が通るか?クイズをしました☆
やはり、すぐ分かるのは、ぞうぐみ!!
ですが・・みんな一生懸命目を開けて、何が通るか当てようとしていましたよ!
子どもたち、みんな、大興奮でした☆


 その次は、つるみ保育園では、おなじみのりゅうたじいさんが登場しました!!
その姿をみて、またまた、大興奮の子どもたち!みんなが大好きな『おおきなかぶ』が始まりました☆


 りゅうたじいさんだけでは、抜けないかぶ・・・
ともやさん・かずよさん・あやなさん・・・今年の幼児クラスの職員も一緒に頑張りますが・・かぶは、抜けません・・・


 そこで・・・
 もうすぐ小学校に行くぞうぐみの力を借りることにしました。保育園で大きくなったぞうぐみさんの力はさすがです!!
 みんなで、協力して引っ張り合い・・無事かぶを抜くことが出来ました!


最後に、ぞうぐみの子どもたちと職員から、歌のプレゼント・・
「思い出のアルバム」と「ね」を歌いました☆
卒園式でも歌ったので、とっても上手に歌ってくれましたよ☆



 廊下に並んでくれた、そうぐみに、タッチをして、今日のお楽しみ会は終わりました☆

4月になると、ぞうぐみのみんなは小学生になり、きりんぐみはぞうぐみに・・と、ひとつひとつ大きくなりますね。
別れもあれば、出会いもあるといいますが・・この時期は、さみしい気持ちにもなります。子どもたちの素敵な笑顔を胸に、ひとつひとつの成長を大切に、日々を過ごしていきたいです。



( YMCAつるみ保育園  船曳早苗 )

どんどん広がるダンボールのおうち

YMCAつるみ保育園・造形あそびのご報告

 3月19日(火)、関東学院大学教育学部の照沼晃子先生にお越しいただき、造形遊びを行いました。今回の造形遊びは、ダンボールを使用して行いました。大きなダンボールを2つ折りにしたものや、四角く組み立てられたダンボールを見て子どもたちの創作意欲は掻き立てられます。

 まずは、2~3歳児が行いましたが、それぞれが好きなダンボールを持ち出し、中に入ってみたり、サインペンで自由に絵を描いてみたり、カラーセロファンをテープやのりで貼ってたり、「見て~、お顔描いた!」「見て~ふわ、ふわの窓だよ~!!」と自由に創作していきます。3歳児は、協力してお家づくりにも発展していっていました。



 その後、4歳児が活動に混ざり更に作品作りが進められていきました。そして、0、1歳も遊びに来て、小さなダンボールに絵を描いてみたり、テープを自由に貼ってみたり、それぞれのペースでじっくり楽しみました。




 最後は年長児が場所を変えて、テラスでのびのび作品作りを行いました。みんなで協力して大きなおうちを作ります。まずは四角くダンボールをガムテープで着け、屋根を作り、イメージが膨らんでくるとそれぞれが装飾物をどんどん作っていきます。「これは窓ね!!」「じゃ~私はテーブル作る!!」「私は屋根をもっと丈夫にするね!」それぞれが役割を担い、どんどんおうちが素敵に仕上がっていきます。年長児からは、段ボール用のカッターも使い、自分たちで慎重に使い、穴をあけて窓を作ったり、好きな形に切ってみたり、年長児にもなると個人で作るものもとっても細かく、じっくりと取り組んでいます。次から次へとおうち作りのアイデアは広がり、気が付けばお昼ご飯の時間を過ぎる勢い。





 いったんお昼ご飯を食べ、休憩し、更に製作は続けられていきました。お昼ご飯を挟むとおうち作りは“秘密基地”作りへと発展していました。入口にはチャイムが作られ、基地の中には、冷蔵庫やトイレもおかれました。秘密基地遊びはその日の夕方も、さらには翌日にも続けられていました。




 子どもたちの“作りたい””やりたい”気持ちを育んでいく造形遊び。これからも大切にしていきたいです。


(YMCAつるみ保育園 中瀬 竜太)

2019年2月27日水曜日

いじめのない世界へ

YMCAつるみ保育園・ピンクシャツディのご報告



227日(水)はPink Shirt Day

2007年、カナダで、ピンクのシャツを着て登校した少年がゲイだといじめられました。それを見た学生がピンクのシャツを知人に配り、みんながピンクのシャツを着て登校しました。学校中がピンク色も染まり、いじめが自然となくなったそうです。このエピソードが世界中に広まり、70ヶ国以上でいじめをなくそうとさまざまな活動が行われています。





YMCAつるみ保育園でも、園児や保護者のみなさんに呼びかけて、いじめについて考える機会を持ちました。
当日は、いじめをなくしたい、という気持ちを表すために、ピンク色のものを身に付けて過ごしました。


このような取り組みを通じて、人を大切にするこころを育み、子どもたちが「平和を作り出すひと」になってくれると願っています。


(YMCAつるみ保育園 中瀬 竜太)


2019年2月18日月曜日

こどもの健やかな心身の成長を願って

YMCAつるみ保育園・全体懇談会のご報告

2月16日(土)、YMCAつるみ保育園ではクラス懇談会・全体懇談会が行われました。
クラス懇談会では、それぞれのクラスで1年間過ごしてきた子どもたちの成長を保護者の方々と共有し喜び合いました。
 その後、行われた全体懇談会では、福祉人材育成研究所M&L所長の五十嵐さゆりさんを講師にお招きして、「こどもの健やかな心身の成長」をテーマに保護者も職員も一緒にお話を伺いました。




 子どもの成長には睡眠・食事・運動が大事であるという先生の子育ての実体験をもとにしたお話、そして、「完璧なお母さんになろうと思わなくてもいいんだよ。」「まずは、少しでも子どもをぎゅっと抱きしめてあげて」といった先生のお話は、とても心に響き、目頭が熱くなる保護者や保育者もいたようです。


 今後も保護者と共に子どもたちの成長を願い、共に成長を喜び合い、子どもたちと一緒に成長していけたらと願っています。

https://hoiku.yokohamaymca.org/tsurumi/

(YMCAつるみ保育園 中瀬 竜太)

2019年2月8日金曜日

マッサージで心も身体もリラックス


YMCAつるみ保育園・ベビーマッサージのご報告

22日(土)に、鶴見中央地域ケアプラザで、パパ・ママ向けベビーマッサージの体験講座を行いました。近隣にお住まいの方を中心に8組の家族の方にご参加いただきました。パパ・ママ・お兄さんやお姉さん・おばあちゃんとバラエティーにとんだ家族の方が一緒に来てくださって、かわいい赤ちゃんを囲んで楽しい時間をすごしました。




はじめの自己紹介で、赤ちゃんのお名前とその由来について一家族ごとにお話しして頂きました。
「お父さんの名前の一文字をとって」「名前のひびきが気に入って、字を考えて」とそれぞれのお名前に込められた思いを語っていただくうちに、徐々にリラックスした雰囲気になっていきました。
 
「明日は節分ですね。」と「鬼のパンツ」の歌にあわせて手遊びをしながら赤ちゃんとふれあい、ベビーマッサージがスタートしました。



 パパも参加していただいた方は、ママが見守ってパパが、マッサージをしてみました。初めは、ぎこちない様子でしたが、愛情深く見つめるパパに赤ちゃん達も嬉しそうに視線を送っていました。初めての場所に、ちょっと緊張していた赤ちゃんも、マッサージが進むと、リラックスして笑顔に。また、気持ちよくなって眠り始める赤ちゃんもいました。




マッサージが終わると、赤ちゃんの水分補給&授乳タイムです。パパたちは、別室でパパ同士でお話しする時間も持てました。授乳が終わると、みなさんでゆっくりお話ししながら、育児の悩みを相談したり、情報交換する時間となり、はじめてお会いする方たちとも、お子さんを通して楽しくお話しされていました。






 これからも、子育て中の皆様に楽しんでいただけるプログラムを案内していきたいと思います。
ご参加いただいた皆様、本当にありがとうございました。

https://hoiku.yokohamaymca.org/tsurumi/
YMCAつるみ保育園 綾部 美佐子)

2019年1月25日金曜日

富士山ありがとう!!


YMCAつるみ保育園冬キャンプのご報告 Part.3

5歳児クラス(ぞう組)冬キャンプは、体調不良で3人が欠席となってしまったものの、大きな怪我や途中で具合の悪くなる子も出ることなく、無事終了しました。

 3日目の朝は雲がどんよりと広がり、富士山は顔を隠していました。しかし、子どもたちの心は「今日お家に帰るんだよ」と伝えると、晴れ晴れして嬉しそうな表情をしていました。着替えを済ませた後は、みんなで協力して、布団のカバーを外し、畳んで返却しました。保育園でいつも寝ている布団とは違い大人サイズのカバー外しに試行錯誤。お友だちが困っているとサッと手伝う姿もありました。その後、朝食を食べました。




 朝食の後は、帰りの荷物整理。使った衣類、使わなかった衣類、雪あそびセット…と一つずつ確認しながら大きなリュックへ詰めていきました。2回目のキャンプという事もあり積極的に取り組んでいました。



 「富士山YMCAで自由にたくさん遊ぼう」をテーマとし、子どもたちの意思を優先するプログラムにしました。リクエストが多かったのは『ハンモック!!』夏のキャンプや、ファミリーキャンプで経験しているので、ハンモックの場所に到着するなり、飛び乗っていました。ハンモックの上で転がってみたり、揺らして揺れを楽しんで見たり、思い思いに楽しんでいました。その後、すぐ横にある、ベニヤ板の斜面遊びも楽しみました。




次に向かったのは平和の鐘とブランコ、順番に鐘を鳴らし、今回キャンプに参加できなかった子のことを思い、3人にも届くようにいっぱい鳴らしました。ブランコは2~3人ずつ、揺れを楽しんでいました。




 さらに、そのあとは、すすきの迷路にも行きました。今回がすすきの迷路初体験の子も多かったのですが、迷路の中に入り動物のカードを見つけると大喜び!!「あ、こっちにうさぎあった!!」「こっちにクワガタいたよ~!!」「あっちに行ってみようぜ!!」とみんな大興奮!!お昼ご飯までの時間まで縦横無尽に走り回っていました。



 昼食は牛すき丼。仲間と富士山で食べるランチタイムは会話も進み、まもなく終えるキャンプを楽しんでいるようでした。
 その後は、閉村式。3日間一緒に過ごした東かながわ保育園のお友だちと一緒に写真も撮り、富士山YMCAに「お世話になりました」「またね!」と挨拶をしました。やっと帰れるとホッとした表情を見せる子と、もう一回くらい泊まりたかったなあとつぶやく子もいました。帰りのバスの中はぐっすり眠れる子が多く、東かながわ保育園に着くと新しくできたお友だちと挨拶をしてお別れをしました。



 その後、無事保育園に到着。園で待っていた幼児クラスのみんなからおかえりなさいのメッセージとかわいい雪だるまが出迎えてくれました。子どもたちの方から「写真撮ろう!!」と声が上がり記念撮影をして、最後に3日間無事に過ごせたことを感謝してお祈りをして、おうちの方のお迎えを待ちました。おうちの方に久しぶりに会えると、みんなとっても嬉しそうにして、ぎゅっとハグしてもらい幸せそうな顔をしていました。


 3日間の冬キャンプも無事終わりました。
初めてのソリ遊びにドキドキ・わくわくしたり、夢中になって凧を上げたり、すすきの迷路を走り回ったり、子どもたちはのびのび、いきいきと遊び、その中で子どもたちは仲間とのキャンプ生活を楽しみながらも、お家の人のことを思いちょっぴり寂しくなり、それでも仲間とそれを乗り越えたりもしました。この冬キャンプでの体験はきっと良き、思い出となることでしょう。そして成長の糧になることを信じています。
 次、富士山YMCAに来る時には小学生になって卒園児として会えることを楽しみにしています。



https://hoiku.yokohamaymca.org/tsurumi/

(YMCAつるみ保育園 中瀬 竜太)